どんな仕事が製造業に分類される?

製造業に分類される仕事と製造業の概要に触れたインフォメーションサイト

製造業の現状と今後の展望

一般的に製造業とは素材を加工したり、部品を組み立てたり、することによって製品を作り出し、商品を販売する産業を指します。 製造業の条件は幅広く当てはまるため、分類方法も多く、仕事での分類、業種での分類、職種での分類に加え、産業での分類も可能でしょう。

製造業と製造業の分類について

日本は産業が成長を続けた結果、経済が発展し、第一次産業と第二次産業の割合が低下し続けており、第三次産業の増加傾向に歯止めがかかっていません。

よって、日本における第二次産業の一つである製造業は産業割合で考えれば、今後、減少傾向になる可能性が出てくることでしょう。
製造業の中には第三次産業による、代替えができないものもありますし、日本の基幹産業も含まれています。
第三次産業の増加が続いたとしても、第二次産業が一定割合を下回る可能性は低いでしょう。

ところが、日本企業の国際競争力が低下した結果、主力であった製造業が大きく打撃を受けます。
製造業が主力であったが故に、製造業が被ったダメージが大きかったためか、日本の製造業の衰退が叫ばれるようになりました。
斜陽産業であるかのように、認識されている方も少なからずいることでしょう。

実際、日本の製造業が打撃を受けたことは否定できませんが、日本企業の国際競争力低下に伴う、ダメージは製造業のみが被ったわけではありません。
自動車や半導体のように国際競争力を維持している業種もあります。
日本経済全体の衰退自体は否めないとはいえ、製造業だけが斜陽産業であるかのような認識は誤認と言わざるを得ません。

現状、日本の経済状況が必ずしも良いものであるとは言えません。
第二次産業である製造業がシェアを減らしていく懸念は間違ったものでは、ありませんが、少なくとも、自動車や半導体といった日本の製造業における基幹産業は発展の余地を残しています。

業種や職種による製造業の分類

製造業を業種で分類すれば、機械関連製造業、鉄鋼関連製造業、電子デバイス関連製造業、化学関連製造業、食品関連製造業、住宅関連製造業、医薬品関連製造業に分類できます。 職種で分類するなら、企画、開発、研究、設計、生産技術、調達加工組立、品質管理、品質保証、梱包・出荷、保守・管理などに分類できるでしょう。

第二次産業と産業の割合

第一次産業から第三次産業まである、産業分類のうち、製造業は第二次産業に当たります。 経済が発展する程、第三次産業の割合が増えていく傾向があり、日本では第一次産業が約5パーセント、第二次産業が約30パーセント、第三次産業が約65パーセントです。

おすすめリンク

新亜光学工業株式会社の光学技術、未来への扉を開く

先進的な光学ソリューションで新時代を切り開く新亜光学工業株式会社

光学技術の未来を創造する新亜光学工業株式会社

新境界を切り開く光学企業、新亜光学工業株式会社

大型の超音波洗浄機はどれだけの出力があるのか

大型の超音波洗浄機はどれだけ電気代がかかるのか。またその性能の力についてもご紹介します。